これまでの研究(平成31年度)

 特許庁の委託を受けて平成31年度に実施した研究の一覧です。1万字程度の要約をご覧いただけます。区分欄の「招へい」は外国から招へいした研究者、「派遣」は外国の研究機関に派遣した研究者です。

(特許庁委託 産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業)

区分 氏名/所属・肩書 研究テーマ 要約
招へい Mr. CHO, Yongsun
[Hansei大学 准教授]
日韓の技術保護に関する法律の比較研究 - 韓国特許法、不正競争防止法等の最近の改正と動向を中心に 要約 
招へい Mr. David TILT
[Central European大学 S.D.J.候補生]
知的財産における制度的なアイデンティティ:比較法制度という観点から日本の知的財産高等裁判所の発展にソフトローが果たした役割の重要性 要約 
招へい Ms. Sabine JACQUES
[East Anglia大学 准教授]
モノのインターネット(IoT)及び人工知能(AI)の世界におけるアルゴリズムの特許化:特許可能な対象及び新規性要件の評価の調和に向けた道のり 要約 
招へい Mr. JO, Jaeshin
[Chonnam大学 教授]
化学及び医薬品特許に関する韓国と日本の制度調和 要約 
派遣 田中 義敏
[東京工業大学工学院経営工学科 教授]
アセアン地域における知的財産制度研究のニーズ調査及びアセアン知財研究所設立のためのフィーズィビリティースタディー
[派遣先:ベトナム ベトナム知的財産研究所]
要約 
派遣 和田 哲夫
[学習院大学経済学部経営学科 教授]
特許拒絶理由を構成する審査官引用を用いた三極特許審査スピルオーバーの解析
[派遣先:ドイツ マックスプランク・イノベーション競争研究所]
要約 
派遣 金子 敏哉
[明治大学法学部 専任准教授]
商標権に係るエンフォースメントの日米比較 損害賠償と刑事罰を中心に
[派遣先:米国 ハーバード大学ロースクール]
要約 

知的財産研究教育財団

知的財産教育協会

リンク集


Top