これまでの研究(平成30年度)

 特許庁の委託を受けて平成30年度に実施した研究の一覧です。1万字程度の要約をご覧いただけます。区分欄の「招へい」は外国から招へいした研究者、「派遣」は外国の研究機関に派遣した研究者です。

(特許庁委託 産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業)

区分 氏名/所属・肩書 研究テーマ 要約
招へい ワン・ルンファ
[イリノイ工科大学Chicago-Kent College of Law 研究員]
世界における日本特許の価値の分布 要約 
招へい プラタプ・デヴァラパリ
[クイーンズランド工科大学]
人工知能を用いて人が生み出した発明についての発明者適格と権利帰属問題 要約 
招へい シン・ヘウン
[忠北大学ロースクール 教授]
パテントリンケージ制度に関する比較研究 要約 
招へい アビナワ・クマール・ミシラ
[ロイド・ロー大学 助教]
ブロックチェーン・レシートと知的財産法:どのように保護するのか 要約 
招へい キム・ウォンオー
[仁荷大学ロースクール 教授]
パロディ商標の許容範囲と基準に関する比較研究 要約 
招へい ショウ・シエン
[中南財経政法大学 准教授]
OEMにおける商標の使用に関する調査研究 要約 
招へい ソン・ホンソン
[煙台大学ロースクール 教授]
東アジアにおけるトランジット貨物に関する水際措置の調和と日本の産業財産権法における関連規定の改正 要約 
派遣 押鴨 涼子
[ヘルシンキ大学大学院法学部 博士課程]
欧州各国における技術移転の実態に関する研究
[派遣先:ドイツ マックスプランク・イノベーション競争研究所]
要約 
派遣 引地 麻由子
[知的財産研究所 主任研究員]
知的財産に関する両岸協力が日本企業に与える影響について
[派遣先:台湾 国立台湾科技大学専利研究所]
要約 
派遣 家田 崇
[南山大学 教授]
ファッション・ローと産業財産権-ファッション・ビジネスに有用な制度構築を目指した考察
[派遣先:米国 フォーダム大学ロークール]
要約 

知的財産研究教育財団

知的財産教育協会

リンク集


Top