IIP HOME > IIPの活動について> 産業財産権研究推進事業

産業財産権研究推進事業

 当研究所では、特許庁の委託を受けて、外国から研究者を招へいして研究を行わせる招へい研究者事業、我が国の研究者を外国の研究機関に派遣する派遣研究者事業、我が国の若手研究者に研究を行わせる特別研究者事業を行っています。この事業の目的は、産業財産権に関する制度調和や制度整備が中期的に必要となる研究テーマについて、主に将来を担う国内外の研究者に研究を行わせることにより、我が国の適切な産業財産権制度の設計・構築を推進するとともに、当該研究を通じて我が国・諸外国の産業財産権制度に精通した研究者を輩出することです。

招へい研究事業 派遣研究者事業 特別研究者事業