IIP HOME > IIPの活動について> セミナー・報告会>「中国で如何に適切な特許の保護範囲を確保するか」

開催済み セミナー・研究成果報告会

平成28年5月20日(金)
知財研セミナー
「中国で如何に適切な特許の保護範囲を確保するか」のご案内

 知的財産研究所では、海外の知財情勢に精通している方をお招きし、海外での知的財産に係る制度運用の動向や注目判決等を皆様にご紹介する活動を行っております。このたび、Beijing EAST IP Ltd.の金 美蓮(キン ミレン)氏(中国弁理士 行政訴訟代理人)、劉 軍(リュウ グン)氏(中国弁理士 特許侵害訴訟代理人)の2氏に、ご講演をいただくことになりましたので、ご案内いたします。皆様、奮ってご参加ください。

※日本弁理士会会員の皆様へ

 本セミナーは、日本弁理士会の継続研修として申請中で、この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3.0単位が認められる予定です。受講証明書をご希望の方は、受講証明書「要」のご希望と、弁理士番号をご記入ください。

日 時 平成28年5月20日(金)14:00~17:10(13:30受付開始、途中10分の休憩あり)
会 場 一般財団法人知的産研究教育財団 知的財産研究所 会議室 (地図
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
プログラム
概要・ 略歴
13:30 受付開始
14:00~15:40
(質疑応答含む)
【第1部】「中国に適合する特許出願明細書の書き方」
 金 美蓮(キン ミレン)氏(中国弁理士 行政訴訟代理人)
 Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部
 ※講演は日本語で行います。
15:40~15:50 休憩(10分間)
15:50~17:10
(質疑応答含む)
【第2部】「中国における無効審判の実務経験」
 劉 軍(リュウ グン)氏(中国弁理士 特定侵害訴訟代理人)
 Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部部長
 ※講演は日本語で行います。
17:10 閉 会
定 員 50名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 賛助会員・学生会員:2,000円   一般:4,000円
※知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法 振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたします(1週間前後)ので、内容を御確認後、ご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払戻しはいたしません。
申込方法

受付終了いたしました。

申込締切り

平成28年5月19日(木)

問合せ先

(一財)知的財産研究教育財団 知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※セミナー内容等についてのお問い合わせ   平(たいら)
※請求書、受講票等、その他のお問い合せ   杦山(すぎやま)
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

【第1部】「中国に適合する特許出願明細書の書き方」(日本語、100分)
【講師】

金 美蓮(キン ミレン)  
中国弁理士
行政訴訟代理人
Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部

【概要】

●明細書の評価基準

●特許請求の範囲の書き方に対するアドバイス
 1. 明確な保護範囲を確保
 2. 保護範囲の不用な損失を防止
 3. 権利行使の視点から見て特に注意すべき点

●明細書の書き方に対するアドバイス
 1. 背景技術の書き方
 2. 技術課題と技術効果の書き方
 3. 補正のための余地
 4. 進歩性抗弁のための準備
 5. 権利行使のための伏線

●日中特許翻訳のアドバイス
 1. 翻訳しにくい書き方および対応策
 2. あいまいな書き方および対応策
 3. 中国語の明瞭性および日本語との一致性

▲このページの先頭へ 

【第2部】「中国における無効審判の実務経験」(日本語、80分)
【講師】

劉 軍(リュウ グン)氏
中国弁理士
特許侵害訴訟代理人
Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部部長

【概要】

・ 中国無効審判・訴訟の統計データ
・ 中国無効審判制度の最新傾向 ・ 特徴
・ 再審委員会(PRB)および北京知財裁判所の情報紹介
・ (一)無効審判における請求者としての実務経験
・ (二)無効審判における権利者としての実務経験
・ (三)口頭審理における注意すべき点
・ (四)法廷審理における注意すべき点
・ (五)発明特許・実用新案・意匠の無効審判における相違点

※第1、2部とも、内容が変更される可能性がございます。

▲このページの先頭へ 

Beijing EAST IP Ltd.
金 美蓮 氏、劉 軍 氏
【略歴】

金 美蓮(キン ミレン)
中国弁理士
行政訴訟代理人
Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部
 
2008年、清華大学にて物理工学修士号取得の後、Beijing East IPに入社。8年以上、知的財産権代理業務に従事。
主に、日本企業を対象として、特許出願・中間処理・再審・無効審判・訴訟・コンサルティング等のサービスを提供。
通信、機械、電子などの広い分野の数千万字の特許出願の翻訳および校閲業務を取り扱い、日本の複数の大手会社の高品質の要求を満たし、クライアントから好評を得た。
中国上場企業ために、海外出願を含む特許出願の明細書を作成し、特許発掘や特許戦略などに対するアドバイスを提供。
日本特許出願の翻訳経験および明細書作成の経験を生かして、日本クライアント向けの【日本語明細書作成ガイドライン】の編集に参加。
中国国家知的財産局での日本大手企業の技術説明会の通訳を担当。
2015年、東京支社で短期勤務。

劉 軍(リュウ グン)氏
中国弁理士
特許侵害訴訟代理人
Beijing EAST IP Ltd. 日本特許部部長

2003年
大連理工大学の機械設計製造及びオートメーション化の学士号と日本語の学士号を取得後、Beijing East IPに入社。
2006年
中国弁理士資格を取得。
2013年
中国最高裁判所認可の初代の特許侵害訴訟代理人資格を取得。
 

13年以上に渡り、知的財産権代理業務に従事、日本クライアントを含む国内外の多くのクライアントに、特許出願・再審・無効審判・訴訟等のサービスを提供。
日本の大手自動車メーカーの意匠特許の無効審判、日本の大手プリンター社の無効審判の案件などに参加、日本の光学系企業の無効審判の案件を代理し勝訴などの実績あり。

 


Top