知財研セミナー

「知財活用の新しい流れ」のご案内

 財団法人知的財産研究所では、知財活用の新しい流れをテーマとしてセミナーを開催することになりましたので、ご案内いたします。昨今、企業が特許権や著作権等で守られた知的財産を無償で開放し、積極的な活用を図る試みが行われつつあります。今回のセミナーでは、クリエイティブコモンズジャパン理事の野口祐子弁護士、およびノキア、ピツニーボウズ、ソニーと共同でエコ・パテントコモンズを設立した日本IBM株式会社知的財産部長の上野剛史氏にそれぞれの団体の活動やその考え方等についてご紹介いただきます。皆様、奮ってご参加下さい。

――――――――――――― 開  催  内  容 ―――――――――――――

日 時 平成20年4月23日(水)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 (財)知的財産研究所 会議室 
東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
         東京メトロ有楽町線 麹町駅(3番出口)より徒歩1分
         東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(3番出口)より徒歩5分
         JR中央線 四ッ谷駅より徒歩8分
         JR中央線 市ヶ谷駅より徒歩10分
参加費 賛助会員:2,000円   一般:8,000円
※(財)知的財産研究所の賛助会員制度
定 員 60名(先着順)
プログラム
14:00 開会(13:30受付開始)
14:00−15:00 「デジタル・ネットワーク社会とクリエイティブ・コモンズ」
野口祐子氏
(森・濱田松本法律事務所 弁護士)
15:00−15:10 質疑応答
15:10−15:20 休憩
15:20−16:20 「IBMの知財戦略
  − オープンイノベーションの時代における知財活用の新しい流れ」

上野剛史氏
 (日本IBM株式会社 知的財産部長)
16:20−16:30 質疑応答
16:30 閉会
申込方法
受付終了いたしました。
申込締切 定員に達しましたので受付終了いたしました。
お支払いについて
1)振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払い戻しはいたしません。
2)当日現金でのお支払い
 当日受付にて現金でのお支払いも受付しております。
お手数ですが、つり銭の無いようにお願いいたします。
その場で領収書を発行いたします。(請求書の発行は基本的にしておりません。)

※請求書、お支払いについて質問がございましたら下記までご連絡下さい。
(財)知的財産研究所 瘤R(すぎやま)
Tel:03-5275-5285
問合せ先 (財)知的財産研究所 稲林(いなばやし)、岩井(いわい)
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
Tel:03-5275-5281;   Fax:03-5275-5324;

『デジタル・ネットワーク社会とクリエイティブ・コモンズ』
森・濱田松本法律事務所 弁護士 野口祐子氏
【概要】
 デジタル・ネットワーク社会を受けて、情報は益々多様化し、その過程で著作権の権利処理は重要な課題となってきました。また、近年、情報をどの程度囲い込み、どの程度オープンにするか、ということについて、より深く考える機運も高まってきています。この講演では、かかる背景を簡単にまとめつつ、現在世界中で活動しているクリエイティブ・コモンズの取り組みについてご紹介します。
【略歴】
 平成8年 東京大学法学部卒業
 平成10年4月 弁護士登録 東京弁護士会所属
 平成14年 Stanford Law School 修士課程(J.S.M.)卒業
 平成18年 Stanford Law School博士課程(J.S.D.)卒業
 平成18年 国立情報学研究所 客員准教授
 平成18年 クリエイティブ・コモンズ・ジャパン専務理事兼事務局長
 平成20年 森・濱田松本法律事務所 パートナー
※野口先生のお名前が誤っておりました。謹んでお詫び申し上げますとともに訂正申し上げます。 
  プログラムへ戻る
                                                     このページの先頭へ戻る

『IBMの知財戦略−オープンイノベーションの時代における知財活用の新しい流れ』
日本IBM株式会社 知的財産部長 上野剛史氏
【概要】
 オープンイノベーションの進展、世界中で急激に増加する特許出願件数、最近の米国における一連の連邦最高裁判決、といった流れの中で、知財制度は既に大きなターニングポイントを通過したといってよいのではないだろうか。IBMでは、数年前から知的財産戦略を大きく転換し、新たな知財の流れに備えてきた。IBMの知財戦略について紹介するとともに、本年1月に発表したエコパテントコモンズも含めて新たな知財活用などにも言及し、今後の知財制度、知財戦略のあり方について議論する。
【略歴】
 東京大学工学部卒業。1995年弁理士試験合格(1996年登録)、2000年米国パテントエージェント試験合格。2000年から2002年米国IBM勤務し、2000年から2005年までパテント・ポートフォリオ・マネージャー、2005年より現職である日本IBM株式会社知的財産部長。JEITAオープンソースソフトウェア・タスクフォース主査などを歴任し、現在、日本経団連知的財産委員会企画部会委員、日本知的財産協会常務理事。
  プログラムへ戻る
このページの先頭へ戻る

以上