「遺伝資源アクセスセミナー」

 財団法人知的財産研究所及び財団法人バイオインダストリー協会(JBA)は、遺伝資源アクセスをめぐる知財の課題等についてセミナーを共催することになりましたので、ご案内いたします。海外の遺伝資源を利用した研究開発活動では、生物多様性条約に基づく国際ルールに従い、諸外国の法制度を理解することが必要となっています。そこで、今回のセミナーでは、経済産業省製造産業局の西嶋英樹室長に遺伝資源に関する我が国の施策についてご紹介いただきます。また、東海大学法学部の田上麻衣子専任講師に、遺伝資源等をめぐる知財の課題についてご講演をいただくとともに、JBAの薮崎義康事業推進部部長に、遺伝資源アクセスに関するJBAの支援活動についてご紹介いただきます。皆様、奮ってご参加下さい。

――――――――――――― 開  催  内  容 ―――――――――――――

日 時 平成20年2月27日(水) 14:00〜16:00(13:30受付開始)
会 場 (財)知的財産研究所 大会議室 
東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
         東京メトロ有楽町線 麹町駅(3番出口)より徒歩1分
         東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(3番出口)より徒歩5分
         JR中央線 四ッ谷駅より徒歩8分
         JR中央線 市ヶ谷駅より徒歩10分
参加費 無料
定 員 60名(先着順)
プログラム
14:00 開会・主催者挨拶
14:05-14:25
「遺伝資源アクセスに係る国際交渉と我が国の施策について」
西嶋 英樹氏

(経済産業省 製造産業局 生物化学産業課 事業環境整備 室長)
14:25-15:05 「遺伝資源等をめぐる知財問題の論点と課題」
田上 麻衣子氏

(東海大学法学部 専任講師)
15:05-15:15 休憩
15:15-15:45 「海外遺伝資源の利用者に対するバイオインダストリー協会の支援活動」
薮崎 義康氏

(財団法人バイオインダストリー協会 事業推進部 部長)
15:45-16:00 質疑応答
16:00 閉会
申込方法
受付終了しました。
申込締切 定員になりましたので、受付終了いたしました。
問合せ先 (財)知的財産研究所 稲林(いなばやし)、青木(あおき)
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
Tel:03-5275-5281;   Fax:03-5275-5324;


「遺伝資源アクセスに係る国際交渉と我が国の施策について」
経済産業省 製造産業局 生物化学産業課 事業環境整備 室長 
西嶋 英樹氏

【概要】
 生物多様性条約、ボンガイドラインに基づいて、各国では遺伝資源の取得とそれから生ずる利益配分が行われているが、この問題については、ABS作業部会(遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する作業部会)で議論が重ねられている。これらの国際情勢について紹介するとともに、我が国の遺伝資源の利用者(企業、大学)が守るべき事項を説明する。
【学歴】
1986年3月 京都大学農学部卒業
【職歴】
1986年4月 農林水産省入省
生産局、大臣官房、農林水産技術会議で農業振興を担当
愛知県、環境省に出向
2006年8月 経済産業省 製造産業局 生物化学産業課 事業環境整備 室長
プログラムへ戻る

「遺伝資源等をめぐる知財問題の論点と課題」
東海大学法学部 専任講師 田上 麻衣子氏

【概要】
 国際的に関心が高まっている遺伝資源及び伝統的知識をめぐる知財問題について、具体的な事例や諸外国の法制等を紹介しつつ、論点及び現在の議論の進展をまとめた上で、課題を整理し、対応策を探る。
【略歴】
1998年 九州大学法学部卒
2000年 九州大学大学院法学研究科修士課程修了
2001年度 財団法人知的財産研究所 特別研究員
2004年 九州大学大学院法学府博士後期過程修了(法学博士)
特許庁総務部技術調査課工業所有権調査員、京都大学医学研究科知的財産経営学
コース研究員、(独)工業所有権情報・研修館特許研究員等を経て、2005年4月より現職。
プログラムへ戻る

「海外遺伝資源の利用者に対するバイオインダストリー協会の支援活動」
財団法人バイオインダストリー協会 事業推進部 部長 薮崎 義康氏

【概要】 
 1993年の生物多様性条約発効以降、海外から生物遺伝資源を入手し研究開発を行う場合、国際的なルールを遵守することが必要となっている。そのため、バイオインダストリー協会では、経済産業省とともに、我が国の遺伝資源利用者のための「遺伝資源へのアクセス手引」を作成し、その普及をはかっている。本発表では、本手引にしたがって、生物多様性条約に基づく国際ルールを概観するとともに、「アクセス相談窓口」、「情報発信のためのウェブサイト」、「海外遺伝資源へのアクセスルート開拓」など、遺伝資源アクセス促進のためにバイオインダストリー協会が実施している支援活動を紹介する。
【学歴】
1975年3月 京都大学理学部(化学専攻) 卒業
1977年3月 京都大学大学院理学研究科 修士課程修了
1985年1月 京都大学 薬学博士
【職歴】
1977年4月 住友化学工業株式会社 入社
農薬事業部研究部 研究員
1985年4月 同社 生命工学研究所 副主任研究員
1990年4月 同社 生命工学研究所 主任研究員
1995年〜1999年 和歌山大学 教育学部 非常勤講師
2000年1月 財団法人バイオインダストリー協会 出向
2000年6月〜2003年6月 経済協力開発機構(OECD)科学技術産業局 出向
2003年7月〜現在 財団法人バイオインダストリー協会
プログラムへ戻る
                                                     このページのトップへ
以上